脂漏性皮膚炎とフケ
(これまでの状況)

脂漏性皮膚炎とフケに関する知識を要約したレビュー(分かりやすくまとめた総説)が、これまでなかった。

 

(今回明らかになったこと)

このレビューでは、疫学、疾患の負担、臨床症状と診断、治療、人間と動物のモデルにおける遺伝学的研究、および素因を含むSDとフケに関する現在の知識を要約しています。

 

本記事を読むと、上の2点について、大まかに知ることができます。

紹介する論文
タイトル

脂漏性皮膚炎とフケ:包括的なレビュー

掲載誌
J Clin Investig Dermatol. 2015 Dec;3(2):10.13188

著者
Luis J Borda 1, Tongyu C Wikramanayake 1

 

所属
1Department of Dermatology and Cutaneous Surgery, University of Miami Miller School of Medicine, 1600 NW 10th Avenue, RMSB 2023A, Miami, Florida 33136, USA.

概要
脂漏性皮膚炎(SD)とフケは、体の脂漏性領域に影響を与える同じ疾患の継続的なスペクトルのものです。

フケ頭皮に限定されており、目に見える炎症はなく、かゆみを伴う剥がれ落ちた皮膚を伴います

SD頭皮だけでなく他の脂漏性領域にも影響を与える可能性があり、かゆみや皮膚の剥離、炎症、掻痒を伴います

皮脂分泌、皮膚表面の真菌定着、個々の感受性、およびこれらの因子間の相互作用などのさまざまな内因性および環境因子はすべて、SDおよびフケの病因に寄与します。

 

このレビューでは、疫学、疾患の負担、臨床症状と診断、治療、人間と動物のモデルにおける遺伝学的研究、および素因を含む、SDとフケに関する現在の知識を要約します。

 

 

まとめ~

(今回明らかになったこと)

本レビューでは、疫学、疾患の負担、臨床症状と診断、治療、人間と動物のモデルにおける遺伝学的研究、および素因を含む、SDとフケに関する現在の知識を要約しています。

 

●管理人コメント

2015年時点のSDとフケの関係について、疫学、疾患の負担、臨床症状と診断、治療、人間と動物のモデルにおける遺伝学的研究、および素因を含んだ幅広い内容の総説です。

 

おすすめの記事