硫化セレンは角質増殖症にも有効
(これまでの状況)

硫化セレンは、脂漏性皮膚炎などの管理に局所的に使用される薬剤です。

しかし、肥厚した皮膚が局所的な硫化セレンで治療できるかは、分かっていませんでした。

 

(今回明らかになったこと)

特に、手のひらと足底の角質増殖症の治療用手段として、硫化セレンは、効果があり、安全であることが分かりました。

結論として、硫化セレンの局所投与を追加することをお勧めします。

 

本記事を読むと、脂漏性皮膚炎とメタボリックシンドロームに関連性があることを知ることができます。

紹介する論文
タイトル

角質増殖症の治療のための局所硫化セレン

 

掲載誌

Dermatol Ther (Heidelb. 2018 Dec; 8(4): 639–646.doi: 10.1007/s13555-018-0259-9

 

著者
フィリップR.コーエン1と シーザーA.アンダーソン

所属

1サンディエゴファミリー皮膚科、National City、CA USA
2カリフォルニア大学サンディエゴ高圧医学および創傷治癒センター、エンシニタス、米国
フィリップ・R.コーエン、moc.liamg@daehetim

概要
角質増殖症は、肥厚した皮膚の症状をしまします。

それは先天性または後天性のどちらでも、あり得ます。

 

通常、手のひら足の裏に影響します。

表皮病変の分布は、びまん性、限局性、または点状です。

微視的には、角質増殖の病理学的特徴は角質層の顕著な角化症です。

 

局所治療は角質増殖症の治療の中心を提供します。

これらには、角質溶解薬(尿素、サリチル酸、乳酸など)とレチノイドが含まれます。

物理的創面切除局所コルチコステロイド、および光線療法(局所ソラレンと紫外線A光線療法を使用)は、他の局所治療法です。

 

セレンは非金属の必須元素です。

その水不溶性の塩、硫化セレンは、使用される有効成分です(フォーム、ローション、またはシャンプー)脂漏性皮膚炎だけでなく、白癬の治療にも有効です。

 

手のひらや足の裏に発生する過角化症の3人について、効果について説明します。

角質増殖は、2.5%ローション/シャンプーまたは2.75%フォームのいずれかで、局所用硫化セレンでの治療に成功しました。

局所的な硫化セレンへの反応は、迅速であるだけでなく、完全かつ持続的でした。

治療に続発する有害事象を経験した患者はいませんでした。

 

結論

先天性または後天性角化症、特に手のひらと足の裏が侵されている患者の治療には、硫化セレンの局所投与(5%ローション/シャンプーまたは2.75%フォーム)を追加することをお勧めします

 

キーワード: 足、手、角質増殖症、角化症、手のひら、足底、セレン、足裏、硫化物、局所

文献検索キーワード:Seborrheic dermatitis 

語句説明

硫化セレン

セレンの硫化物で、抗真菌薬など医学用途で使用される。
WHO必須医薬品モデル・リストにおいて、医療制度で必要とされる最も効果的で安全な医薬品とされている。

まとめ~セレンの局所投与治療は、角化症に有効・安全である

(今回明らかになったこと)

特に、手のひらと足底の角質増殖症の治療用手段として、硫化セレンは、効果があり、安全であることが分かりました。

結論として、硫化セレンの局所投与を追加することをお勧めします。

 

 

(データ紹介)

資料元:Dermatol Ther (Heidelb. 2018 Dec; 8(4): 639–646.doi: 10.1007/s13555-018-0259-9

硫化セレンの治療前後の3症例の写真を紹介します。

 

症例報告

事例1~38歳のアフリカ系アメリカ人女性は、足底角質増殖症の治療

図1

38歳のアフリカ系アメリカ人女性の右足底。足底の内側(上部)に顕著な角質増殖があります。

足底角質増殖の完全な消散は、硫化セレンフォーム2.75%(下)での毎日の治療の開始から2週間後に観察されました。

泡を洗い流す前に、その領域に10分間適用した。すすぎ後、Aquaphor軟膏も毎日塗布されました

 

事例2~32歳の白人男性の左足底

図2

Unna-Thost症候群と手のひらと足の裏の先天性角化症のある32歳の白人男性の左足底。

中足および足底の足の融合性角化症があります(上)。

硫化セレンシャンプー2.5%(下)で毎日局所療法を開始してから2週間以内に、足底角質増殖の完全な解消があります。

シャンプーは、足にこすりつけて泡状にした後、10分間足に残しました。

次にそれを洗い流し、Aquaphor軟膏を塗布しました。

 

事例3~80歳のアフリカ系アメリカ人男性

図3

下肢の慢性リンパ浮腫の病歴がある80歳のアフリカ系アメリカ人男性の右遠位脚。

遠位の右前脛骨脚(左)に広範な角質増殖症がありました。

角質増殖は、硫化セレンシャンプーを2.5%毎日10〜30分間塗布した2週間後に完全に解消しました。

シャンプーを洗い流した後、Aquaphorを塗布しました(右)

 

【おススメの記事】

おすすめの記事