脂漏性皮膚炎のフケ・かゆみはなぜ繰り返す?

毎日シャンプーしているのに、頭のかゆみが消えない。」こういう経験をされたことのある方は、多いのではないでしょうか?

 

ある調査によれば、国民の2人に1人は、このかゆみを経験していると言います。

 

【この記事で分かること】

  • 脂漏性皮膚炎他の皮膚炎かゆみは、何が違うのか?また、なぜ繰り返す
  • 脂漏性皮膚炎のかゆみに対して、お家ケアはどうすれば良い?

 

本記事を読むと、上のつの疑問の答えを知ることが出来ます。

 

 

脂漏性皮膚炎と他の頭皮のかゆみの違い

脂漏性皮膚炎のかゆみ

増えた皮脂をマラセチア菌が分解してできた炎症誘導物質が、かゆみの原因です

 

このかゆみは、ずっと続くのが特徴です。

 

菌の活動は、抗菌剤で一時的におさえられますが、常在菌なので再び菌は増えて炎症を起こします。

 

他の頭皮のかゆみ

主に3つの原因があります。

 

いずれも皮膚のバリア機能を壊すことで、頭皮に炎症が起き、かゆみを発生します。

 

原因を取り除き、皮膚のバリア機能を回復すれば、このかゆみは、解決することができます

 

間違ったヘアケア方法で頭皮が乾燥

頭皮の水分が過度に失われ、乾燥によって敏感になった肌が、かゆみを感じてしまうことがあります。

 

汗や皮脂汚れによる雑菌繁殖

汗、皮脂の洗い残し、毛穴の詰まりによって雑菌が繁殖することが、かゆみの原因の1つになることがあります。

 

外的な刺激による頭皮の損傷

  UVやヘアーカラー・パーマ剤などが原因で、アレルギー反応がおこり、炎症・かゆみを起こすことがあります。

 

 

 

 脂漏性皮膚炎の症状が繰り返す理由

脂漏性皮膚炎には、主に皮脂の増加、菌の増殖、炎症、フケ、乾燥の5つの症状があります。

 

たくさん症状がありますが、ドミノ倒しのように全部つながっています

 

その症状は、下の図のように連鎖していて、1つが悪化すると、その下流に大きな影響が出ます。

 

5つの症状の中で、菌の増殖と炎症が、脂漏性皮膚炎の症状を抑えるには大切なポイントです。

 

抗菌薬で菌の増殖を抑えても、マラセチアは常在菌なので完全に除くことは出来ず、薬を止めるとしばらくして、菌は再び増殖します。

 

そして、菌は、皮脂の分泌が増えると皮脂成分を分解して、炎症を誘導する物質を作り、皮膚にかゆみをおこします。

 

 

脂漏性皮膚炎の治療で、使用される2種類の薬(ステロイドと抗菌薬)は、下の図の2か所が標的です。

 

この薬で一時的に症状は改善されますが、どちらの薬にも、下記の問題点があります。

 

  • 抗菌薬の問題点~原因菌を完全除菌できないので、再度増殖する
  • ステロイドの問題点~炎症反応を止めますが、炎症を起こす原因物質が作られないようにする薬ではありません
              また、副作用があるため、長期使用することはできません

 

脂漏性皮膚炎の症状は連鎖する

 

ドミノ式に連鎖している5つの項目の内、3つについて簡単に説明します。

 

頭皮の臭い

皮脂腺の活動が活発化し、増えた皮脂や汗などの老廃物を頭皮にすむ菌が分解すると頭皮から、独特の臭いが発生します

 

臭いそのものは、身体に有害ではありません。

 

しかし、本人は、その臭いに気づかず、周囲にスメルハラスメントを起こすのが一番の問題点です。

頭皮のかゆみ

かゆみの原因は、皮脂腺からたくさん分泌された皮脂を原因菌が分解することにあります。

 

皮脂中のトリグリセリドという物質が、皮膚常在菌によって分解され、分解産物である遊離脂肪酸が皮膚に刺激を加えることによって炎症とかゆみが発症します。

頭皮のフケ・乾燥

皮膚に炎症がおこると、身体の最も外にある角質層がはがれ落ちます。

皮膚は、炎症で赤くなり、脂っぽい皮がぽろぽろとむけます。

 

新しくできた皮膚はバリア機能が低く、保湿が不十分だと頭皮が乾燥します。

 

この状態で、間違ったシャンプーの仕方をくり返すと、当然、バリア機能は失われ、新しい皮膚も壊れて、フケとかゆみの悪循環に入ってしまいます。

 

 

「頭のフケ・かゆみ」の連鎖を断ち切り、治すためのお家ケア法

 

専門医の診断治療を受けられるのであれば、脂漏性皮膚炎であるという確定診断を受け、専門的治療を受けることをお勧めします。

その上で、頭皮の場合、市販商品を活用して症状のお家ケアをしましょう。

正しいシャンプーを選ぶ

脂漏性皮膚炎は、カビの増殖を抑える成分が入っているシャンプーを選びます。

 

洗浄成分として、洗浄力と脱脂力が強力な硫酸系成分は、症状の悪化につながるため、使用を避けましょう。

アミノ酸系洗浄成分~洗浄力が穏やかで低刺激で、アミノ酸成分
ベタイン系洗浄成分~洗浄力が穏やかで低刺激で、天然成分から作られた洗浄成分
グルコシド系洗浄剤~洗浄力が穏やかで低刺激で、安全性が高く、糖から作らた洗浄成分

 

正しい洗い方で皮脂腺を清潔にし活動をおさえる

この病気では、皮脂腺から普段より多くの量の皮脂がでます。

 

そのため、皮脂や汚れがたまりやすく、マラセチア菌以外の雑菌も増えやすい状況です。

 

毎日、正しいシャンプーの仕方でこまめに頭皮、特に皮脂腺を清潔に保つことが一番大切です。

 

保湿ローションで水分を保つ

保湿ローションで乾燥を抑え、頭皮環境を整えます。

保湿で肌が潤い、肌本来のバリア機能が回復し、かゆみが徐々に減って行きます。

 

栄養をしっかり摂り、健康な皮膚細胞を作る

栄養バランスが悪いと、健康な皮膚細胞が作れません。

5大栄養素をしっかり摂り、健康的な皮膚細胞を作り、正常なターンオーバーができるようにしておく必要があります。

カロリーは十分でも、5大栄養素の一部が不十分な現代型栄養失調が、若い人から高齢者まで増えています。

偏った食生活は、皮膚の毛細血管をもろくして、十分な栄養を皮膚に届けられなくします。

そうなると、皮膚細胞の正常なターンオーバーはできなくなります。

生活習慣を見直し、皮膚環境が不健康にならないようにします

脂漏性皮膚炎の症状には、皮膚環境(下の図では、個人の感受性と呼ぶ)が大きく関係しています。

 

皮膚環境(個人の感受性)には、食生活習慣の影響が大きく、「生活習慣を見直す」ことで症状の改善につながります。

 

皮脂腺の活動を抑えるため、食生活習慣を見直すことで、フケ・かゆみの根本的改善につながります。

✔食事内容
✔睡眠
✔ストレス
✔紫外線対策
✔ヘアーカラーとパーマ

 

脂漏性皮膚炎と3つの要因

 

1 脂漏性皮膚炎およびフケの病因における素因およびそれらの相互作用。

J Clin Investig Dermatol. 2015 Dec; 3(2): 10.13188/2373-1044.1000019.

Seborrheic Dermatitis and Dandruff: A Comprehensive Review

(和約)脂漏性皮膚炎とフケ:包括的なレビュー

 

まとめ~脂漏性皮膚炎は、ふけ・かゆみを繰り返さないために、連鎖を断ち切ることが大事。

 

✔脂漏性皮膚炎と他の皮膚炎のかゆみは、何が違うのか?かゆみは、なぜ繰り返す?

   脂漏性皮膚炎のかゆみは、マラセチア菌の代謝でできた皮脂分解産物が原因
   他の皮膚炎のかゆみは、バリア機能が低下した部位に侵入した汚れや雑菌が原因

   頭皮の臭い
   頭皮のかゆみ   
   頭皮のフケ・乾燥   

✔脂漏性皮膚炎のかゆみに対して、お家ケアはどうすれば良い?

   正しいシャンプーを選ぶ   
   正しい洗い方で皮脂腺を清潔にし活動をおさえる   
   保湿ローションで水分を保つ   
   生活習慣を見直し、体質(個人の感受性)の影響を減らす   

 

脂漏性皮膚炎は、抗真菌薬で一時的にフケやかゆみを改善できるかもしれません。

 

しかし、原因菌は、しばらくすると再び増えて、症状がでます。

 

フケ・かゆみをおさえることは、この病気のポイントで、治療薬以外にセルフケアでできることに取り組み、症状の連鎖を断ち切り、悩みを少しずつ減らして行きましょう

 

ピンタレストはこちら

 

【おススメの記事】

おすすめの記事